おもちゃ 更新日 2018.03.29

0歳児におすすめ!知育玩具パズルの色と形で新しい発見を

0歳児の間は赤ちゃんの行動には特徴があります。何でも口に入れたり、手で触ったりして確かめる時期なのです。パズル遊びも、最初はパパママが手を添えて、パズルの形や色を見ることで、新しいものを知っていく楽しさを教えてあげましょう。あくまでも0歳児の間は親御さんと一緒に遊ぶという事が大切です。0歳児に与えても安全な人気商品をご紹介します。

GYBBER&MUMU アルファベット パズル 積み木 知育玩具

赤ちゃんの手のサイズにちょうど収まるサイズのアルファベットのパズルです。自分だけではどんなふうに遊んで良いのかわからない時期なので、そっと手を添えて一緒にパズルにはめ込んであげましょう。そうすると手の感触や色の鮮やかさが伝わって、赤ちゃんも上機嫌になってきますよ。最初の1年は、パズルの扱いなど何も教える必要はありません。遊ぶときは親御さんと一緒に
新しい玩具遊びを楽しませてあげましょう。

口コミ

「3Dの文字は子供に持ちやすく、色と木の品質も良いので満足しています。」
アルファベット文字は1つずつ角が面取りしてあるので、赤ちゃんも握りやすく、ケガをしにくい仕様になっています。この先成長に合わせて役立つパズルを小さいときから触れさせることはとても魅力的ですね。

アンパンマン NEW まるまるパズル

対象年齢は1歳過ぎとなっていますが、0歳の頃から与えて、色や形を語りながらパズル遊びをしてみませんか?生後半年が過ぎて、自分一人でお座りができるようになった時期からこのような知育玩具に触れる機会があると、赤ちゃんの脳の発達にはとても役立つものです。アンパンマンのキャラクターと一緒に楽しいパズル遊びの時間を過ごしてみてください。

口コミ

「形の区別がわかる頃からはめる場所を教えてあげると自分でパズルをはめるようになりました。」
「一緒にパズルをしてあげて、形にはまる喜びを少しずつおぼえてくれているようです。」
「いろんな色や形があるので喜んでいます。アンパンマンの絵柄に親しみがあるようです。」
生後半年以降から2歳頃まで、長く遊べるタイプのパズルです。気長にパズル遊びに付き合ってあげたいものです。

kimurea select (キムレアセレクト) モンテッソーリ 知育玩具 積み木

カラフルなパズルを見ているだけでも幸せな気分になれるようなきれいな知育玩具です。形や大きさはさまざまな種類がありますので、赤ちゃんの場合には、大き目のものだけを出して一緒に遊ぶと良いでしょう。木製のパズルは手触りもよく、赤ちゃんには向いています。

口コミ

「収納ケースを別に用意して、大きさ別に分けて遊ばせています。」
「とてもシンプルな形をしているので、長く遊べそうです。」
パズルというのは、自分一人で形にはめることができるようになることを目標としていますが、赤ちゃんの頃は真似をするレベルで十分なのです。その先の年齢で指先の感覚や集中力そして図形感覚が身に付けばとても良い知育玩具になるはずです。

赤ちゃんにパズルを与えるのは良い影響がある

赤ちゃんの手にも扱いやすいサイズのパズルを手に持たせて、手を添えながらパズル遊びをさせると、何度か繰り返すうちに自然と、遊び方を覚えるものです。パズルを与える時期に「早すぎる」ことはないのです。