絵本 更新日 2018.02.25

1歳児におすすめ!音で親子のスキンシップが楽しめる絵本5選

1歳ごろになると言葉の理解も進み、話せる単語も多くなっていきます。可愛らしい絵や楽しい音にも興味津々で、絵本を使って言葉を身近に感じる事が出来るようになります。
徐々に活発になり、お外遊びが楽しい時期ですが、ゆっくりコミュニケーションがとれる、絵本の読み聞かせもおすすめです。

不思議なキャンディにワクワクする「にゅるぺろりん」

可愛らしいペロペロキャンディが表紙の絵本です。不思議な音と共に、キャンディは伸びていき、靴や車の形に変わります。シンプルな内容が繰り返されるので、1歳の子供にもわかりやすいです。
面白い音と、想像を超えるようなキャンディの変化に子供は目が釘付けです。見たものの音を想像して言葉で伝える事は、優しく豊かな表現力を生み出してくれますよ。

絵が動き出すような「もけらもけら」

不思議な絵が鮮やかに描かれており、不思議な言葉と一緒に登場します。「もけらもけら」など、一見意味のない言葉のように聞こえますが、様々な擬音を読んでいるうちに、絵が動いているかのように感じられます。
1歳を過ぎてもまだまだ子供は擬音が大好きです。大人でもこんな言葉使った事ない!という擬音がたくさんです。場面に合わせて、色々な読み方をしてみてください。不思議な絵本の世界に、子供はきっと夢中になりますよ。

呪文のような魔法の絵本「カニ ツンツン」

アイヌの人々の言葉を取り入れた、ユニークな言葉遊びの絵本です。「トチチリ トチチリ」などの呪文のような不思議な言葉を、可愛らしい絵がおしゃべりしているようにも聞こえてきます。
ツンツンに合わせて身体をつついたりすると、触れ合いながら読み聞かせできますよ。
音の響きを聞きながら、言葉にどんな意味があるのかを考え、想像力を育んでくれますよ。

かわいい音と汽車に癒される「ぽぽぽぽぽ」

可愛らしい汽車が走る様子を、「ぽぽぽぽぽ」と1つの音で表しています。のんびり進むような景色や、かわいい汽車の音に癒されます。乗り物好きな子供はもちろん、そうでない子も一緒に音を楽しめます。
1つの音を楽しむために、強弱や速さに違いを出して、読み手も表現してみましょう。子供も真似をして読むようになりますよ。擬音語や擬態語で色々な様子を表せるということを一緒に楽しめる絵本です。

スキンシップも楽しめる「ぎゅうぎゅうぎゅう」

短い擬音語が繰り返され、リズムよく読める絵本です。「ぎゅう」という、赤ちゃんとお母さんのスキンシップも満載です。子供を大好きな音で引きつけ、触れ合いも楽しめる一冊です。たくさん抱きしめながら読み聞かせると、きっと子供にとってお気に入りの絵本となるでしょう。筆者の子供も、スキンシップが楽しめる絵本が大好きです。親子で一緒に楽しく過ごせるので、暖かい絵本タイムとなりますよ。

絵本を通して不思議な音の世界に引き込もう

子供の大好きな音の絵本は、様々な響きが表現力を育む材料となります。日常生活のどの音をとっても、表現の仕方は何通りもあるんだと驚くばかりです。擬音語や擬態語は日本語の面白さでもあるので、子供の頃からたくさんの音に触れて育ち、豊かな表現力を身に付けて欲しいですね。