テレビ 更新日 2018.02.21

0歳の子供向け!目と耳で楽しむおすすめ知育用テレビ番組3選

娯楽として楽しめるテレビですが、子供の知育に役立つ番組も多くやっています。子供のためになる番組を見せることで、知的能力のアップに繋がったり、集中してみてくれることによって、家事で忙しい母親の手助けにもなります。テレビをうまく活用することによって、静けさと対比させて物事に集中出来る能力を養いましょう。緩急メリハリをつけることで、テレビが知育にも活用出来るメリットが多くあります。

0歳児におすすめしたい物や音に興味がわく幼児番組

オトッペ

世界一のDJを目指す主人公シーナが音探しをする最中に別世界に迷い込み、音から生まれた仲間達が集まるオトッペタウンに行きます。そこでウィンディなど愉快な仲間と共に、一風変わった音物語が展開していくというお話です。いつもの見慣れた日常や身の回りに耳を澄ましてみると、素敵な音があること、色々な音の響きがあることに気付かされる内容です。

見所

はっきりとしたリアルな描写が最近多くなってきていますが、出てくるキャラクターが子供の好む優しい可愛さで視覚的にも子供向きでしょう。主人公シーナが、様々な音を発見していくところに聴覚的な刺激があり、どんな音かとワクワク感を感じる所が一番の見所です。子供の音を聴く耳も鍛えられて情操発達に良いでしょう。見るもの、聴くものなど、周りの出来事などを何でも吸収する0歳の子供には、豊かな刺激がありぴったりと言えます。

ミミクリーズ

Eテレで放送されている“ミミクリー”とは、英語表記でmimicryであり、似ているもの、似せることという意味です、番組の中では、自然界の生き物や植物の形、動き、そして模様がよく似ているものを観察・比較して徹底的に研究しています。自然界の生物がじっくりと映し出されて、子供も何の生き物や植物なのかと推測しながら集中して見ることが出来ます。

見所

なぜ?を思わせる不思議な音楽と共に映し出される様々な生き物や植物が、映し出されていくにつれて何か分かってくるところが一番の面白い見所でしょう。0歳の子供は、まだ上手く喋れない代わりに、きっと指を差して興味を持つ生物を親に伝えようとするはずです。人ではない生き物を知ったり、自分以外の生き物に興味を持つきっかけになるでしょう。

デザインあデザインあ

デザインの面白さというものを、子供向けにサウンドデザインやモーショングラフィックを駆使して表現された創造的な番組です。ところで、なぜ「あ」なのでしょう?50音の最初の文字である「あ」は、「デザインの面白さを学ぶ最初の入口」という意味が込められてつけられた番組名だそうです。約5分間という短時間ですが、記憶にしっかり刻みこむようなリズムと視覚的センスのある内容です。想像力と美術センスが育まれるでしょう。

見所

見始める時に”デザインあ”から始まり、「あ」のみで歌が進んで行く不思議なデザインの世界が展開していくところが見所です。子供と一緒に大人も引き込まれてじっくり見入ってしまいます。良いものは年齢問わず目を引く力があるものでしょう。立体的な表現やテクノロジーを駆使した映像は、子供に独特な印象をもたらすはずです。想像力と表現力が感性豊かに育つ期待が持てる、知育に最適な番組でしょう。

子供の興味を引き出す番組を見せて、好奇心を広げよう!


何にでも興味を示す0歳児の子供は、頭が柔軟で色々な可能性を秘めています。それだけに、大人が与える物がどんなものであるかが問われるでしょう。あまりに大人向きで映像や音が刺激的過ぎる内容では、子供心に豊かな情操が育まれない可能性もあります。優しくゆったりとして心地良い音の響き、分かり易い内容のものなどが、子供の成長に大きな良い影響を与えるでしょう。