絵本 更新日 2018.02.10

1歳の子供におすすめ!Amazonで星の数が多い絵本5選

1歳頃になると、徐々に言葉を覚え始める子も増えてくると思います。絵本のストーリーを全て理解することは難しいですが、興味のある絵本を見つけて読んであげると、言葉を早く吸収することができ、子供の成長にも繋がるのでとてもおすすめです。例えば、この頃の子供は「食べ物」「のりもの」が理解しやすく、興味もあるので選んで読んであげると喜んでくれそうです。

1歳の子供がワクワクするAmazon一押しの絵本

きんぎょがにげた

金魚が1匹鉢から逃げて、どこに隠れているか探して楽しめる絵本です。赤い金魚が水玉模様の中やイチゴの中に紛れているので、お子さんと一緒に探してみましょう。ストーリーがまだ理解できなくても、金魚を絵の中から探す事を教えてあげると絵本に集中できます。
1歳頃の子供は、発達の中で色々なものを「指差し」し始めるという特徴があります。指差しした方向をお母さんが見てくれることが嬉しいのです。この絵探しの絵本はそんな時期にぴったりの一冊です。
金魚を見つけた時の子供の嬉しそうな顔が、とても可愛らしく、一緒に楽しく読める絵本です。

くだもの

果物の絵にリアリティがあり、食べ物に興味がある子供にはぴったりです。
「さぁどうぞ」の一言で、大きなスイカなどの果物を切った絵が現れます。様々な果物が描かれており、子供が絵を摘んで食べる真似をしたり、果物の名前を覚えたりできますよ。
とてもシンプルに進んでいきますが、子供にとっては果物が切ったらこうなるのかという事も分かり、ワクワクしながら見ることができます。

がたんごとんがたんごとん

がたんごとんと走る列車に乗せてもらうのは、バナナやリンゴやコップなどです。
どれも1歳の子供の身近なもので、登場すると指を差して喜んでくれます。まだまだストーリーは分からなくても、この絵本は「がたんごとん、がたんごとん」と繰り返す言葉が、子供にとって心地よいものとなります。
乗り物が好きなお子さんには特におすすめの絵本です。

しろくまちゃんのほっとけーき

この絵本は、可愛らしいしろくまの子供が、お母さんとホットケーキを作るという内容です。ホットケーキがフライパンの上で、徐々に焼ける様子が12の工程で書いてあります。「ぺたあん」「ふわふわ」など、なんとも面白い擬音語で表現されています。
食べ物に興味があるお子さんには特におすすめです。食いしん坊な息子は、すぐに「ホットケーキ」という単語を覚えました。
物語自体は短く、料理をするお母さんが描かれている点も、生活を身近に感じて子供が理解しやすいです。
また、ままごとにも興味が出てくる時期です。お手伝いをするしろくまちゃんの様に、お料理をする真似を始めたり、遊びの幅も広がります。

ちゅっ、ちゅっ

朝、目が覚めた可愛らしいカバの坊やが楽しそうに遊びに出かけます。しかし、途中で忘れ物をしている事に気づきます。忘れ物は、お母さんとの「行ってきますのちゅう」です。
お散歩の途中で出会う様々な動物達が、お母さんとちゅっちゅっとしている絵が繰り返されている、シンプルなストーリーです。カバの坊やが、忘れ物に気づき戻ってくる姿がとても可愛いです。また、アフリカの様な背景も綺麗で楽しめます。絵を見て動物の名前を教えてあげると良いですよ。
お母さんと坊やの絆が伝わってくる絵本で、真似して一緒にちゅっちゅっとしてあげると、情緒面に良い影響を与えて楽しい絵本タイムとなります。

好きな物の絵本を選んで読み聞かせよう

子供の大好きな食べ物や乗り物、動物が出てくる本はとても多いです。1歳児の絵本はシンプルなストーリーで、音の繰り返しや何度も出てくる決まり文句の様なセリフがあり、リズムよく読めます。
大好きな絵本の中のセリフを日常生活でも使ってみると、子供はとても喜んでくれるので試してみてください。